分光計

分光計

直読分光計は英語でOES、つまり原子発光分光計と呼ばれています。材料元素分析に使用します。さらに材料証明書を使用してください。

1960 年代になると、コンピュータ技術の発展に伴い、光電直読分光計が急速に発展し始めました。コンピュータ技術の発展、電子技術の発展、電子コンピュータの小型化、マイクロプロセッサの出現と普及、およびコストの削減により、1970 年代のスペクトル機器のほぼ 100% がコンピュータによって制御されました。分析の精度と速度を向上させ、さらに分析結果のデータ処理と分析プロセスを自動制御します。


最新の価格を取得しますか? できるだけ早く返信します(12時間以内)

個人情報保護方針